今日の出来事じゃないんだけど、贅沢な休日の過ごし方として、自宅近くのホテルに泊まってだらしなく過ごすというのがあるらしい。その発想は無かった。うちの近所にもビジネスホテルが何軒かある。少し足を伸ばせば、海辺のリゾートホテルもある。更にもうちょっといけば、ディズニーランドもある。そういうのはアリかもしれない。楽しいかもしれない。でも、夜更け過ぎに宿泊料で御馳走を食べた方が良かったかなと我に返るかもしれない。
色々考えた結果、やらないことにした。お金は大事。

六月のフレッツ光の予定を色々考える。遠征はしばらく無いので、大人しく過ごすか、近場の温泉にでも行ってリフレッシュ。或いは、ここ二十年ばかり私を悩ましている、強烈な肩こりをマッサージ屋さんか鍼灸師の人に癒して貰うのはどうだろう。
そう考えてはたと気付いたが、そもそもマッサージ屋さんというのに行ったことがない。急に不安になりインターネットで相場を調べてみたら、うちの近所だと60分で3000円とかだ。安すぎない?? もっとこう、5000円くらいのところの方が良いんだろうか。

ともあれ、自転車業界と近所のイタリア料理屋は滅びるべきであると考える次第である。