夜中の3時半ころから、あまりの寒さに眠れず、

電話で起こされる迄、寝床で丸まっていた。

カーテンを開けたら、一面の銀世界で、粉雪が、降り続いていた。

寒いわけに納得した。

物置から、シャベルとスコップを出してきて、まず、雪掻き、枯れ草の大ゴミ袋出し。3袋。

雪の東京のニュースにもびっくり。

これでは、せっかく芽を出した20日大根が、どうなってしまうか心配。一部、苗帽子してあるとはいえ。。

植えたばかりチューリップンの鉢も、どこに鉢があるのか分からないくらいの一面の雪。

ブロック塀まで行って、積雪計ると、11時で、11センチだった。

家の中でも、ストーブのある部屋から、一歩廊下へ出ただけで、気温が違い、なかなか、

フレッツ光は活動しにくい。