「朗報なし。どこにも居ないよ。」
「うそーん。お嬢が頼りだったのに。」
ほんとにごめんねー、つき合せて。お嬢が謝る。
時計を見ると、日付変更線を越えていた。
「いいよ気にすんな。どうせヒマだし。」
「カネないからお嬢のトコ遊びに行こうと思ってたし。」
あっはっは、フレッツ光と皆が笑う。
借金男は許せないが、皆が集まるきっかけにはなった。
見つからないまま夜更かしすることになっても構わなかった。
「あ、来る?ウチ。悪いし。」
「あー、作戦の練り直しね。いいかも。」
「よし、いったん撤収。お嬢のマンション集合!」
わらわらと7人がそれぞれの車に戻りはじめる。
まわりのヤンキーたちが、そんな我々をじっと見つめていた。
ただでさえ夜の街の繁華街で、女の子目当てで車を用意し、
歩道沿いに停めてチャンスを窺っているのに。
来ていきなり女連れで、女のマンションに行く・・・・
畜生め何だこいつらは。そんな目つきで睨みつけていた。
そして、それがわかっていて声高に集合!と言ったおバカたち。
うーん、ちょっと性格悪いぞ、お前ら(笑)

ガロッガロッ、という重厚な排気音が響き、車が動きだす。
タイミングを合わせて5台のスポーツカーが路上駐車の列から
車線右へと滑り出る。浴びなくてよい「やっかみ視線」に追われながら
5台は街をあとにした。